2008年10月25日

無事ドイツより帰国致しました!

僕の音楽生活の歴史に残る貴重な体験をさせて頂きました。今回も精一杯の演奏を出来た事は最高の幸せでした。お伝えしたい事が山のようにありますが、これから整理して皆様にお知らせ致します。先ずは僕を呼んでくれた岸っしゃん、みゆきちゃんありがとう!そして、ドイツ公演に御尽力下さった丸尾在デュッセルドルフ総領事、そしてその他多くのスタッフの方々、本当にありがとうございました。
posted by hellhero at 03:55| Comment(3) | TrackBack(0) | ドイツツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

いよいよドイツ〜!

とうとう、来週15日〜23日とドイツツアーですexclamation×2日の丸を背負って頑張ってきます手(チョキ)用意や準備でブログ更新が出来ず(いつも書けてないやんちっ(怒った顔))すんません失恋このツアーが終わったら書きまくる予定exclamation&questionですふらふら明日からはこんな事になっています。




るんるん10/11(土)"横浜ジャズ・プロムナード"
「関内・小ホール」
岸ミツアキ(p)トリオ/ 荒玉哲郎(b)田中ヒロシ(ds)
【時間】 17:30〜
【問合】 045−221−0212


るんるん10/12(日)千葉 「Cafe Lirico」
岸ミツアキ(p)&荒玉哲郎(b)ヒロシも、もしかしたら参加します
【時間】18:30〜21:00
【問合・予約】080-5080-1150

るんるん10/14(火)銀座 「スウィング・シティ」
『ドイツ出発前日ライブ&藤岡琢也夫妻を偲んで・・・』
岸ミツアキ(p)トリオ/ 荒玉哲郎(b) 田中ヒロシ(ds)
【時間】 18:45〜(3セット・入替無し)
【問合・予約】 03−3575−0419

★ドイツ公演

●10/16(木) 夜 【コンサート】
The historical festival hall of Castle Dyck, Neuss at 『ダイク城内/フェスティバル・ホール』 ノイス市

●10/18(土) 9 p.m.〜 【コンサート】
"Sundowner" Concert in the Tonhalle, Dusseldorf
at 『トーンハレ』(コンサート・ホール) デュッセルドルフ市
  
●10/19(日) 夜 【コンサート】
"Yuri Bashmet Festival"
Concert at the "Rotunde" in the Museum of Art and Cultural History, Dortmund
at 『Rotunde』(芸術文化博物館内)/ドルトムント市
("Yuri Bashmet Festival"の一環として行われます。)

●10/21(火) 20:00〜 【コンサート】
Concert in Castle Neersen, Willich
at 『ニールセン城』(市庁舎)/ビリッヒ市

ドイツ公演の詳細は岸ミツアキのオフィシャルウェブサイトへ
http://www.kishijazz.com/



posted by hellhero at 02:25| Comment(4) | TrackBack(0) | ドイツツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

七尾市5スポット〜!

8/29七尾市の5スポットへ行きました。いやぁ、以前から聞いてはいましたがかなりのディープな所です。何と言ってもマスターの西川さんが最高exclamation大盛り上がりのライヴが終わって、ふと西川さんを見ると店のソファーにお客さんそっちのけで爆泥酔されてました(*゜□゜*)打ち上げ名物「マスターの日清焼きそば」は次回の楽しみにします。翌朝4時に目を醒ました西川さんは、ギャラを持って岸っしゃんにホテルまで渡しに行ったそうです。恐るべし七尾5スポットのマスター西川氏がく〜(落胆した顔)岸っしゃんまた寝不足眠い(睡眠)
http://www5e.biglobe.ne.jp/~fivespot/

で、翌日爽やかに8時起床。岸っしゃんから七尾の朝市通り・わいち通りもエエけど街から七尾湾に流れる運河が情緒があるよと聞いていたので、あいにくの小雨雨模様でしたが観光に出かけました。お醤油屋さん、ろうそく屋さん、昆布屋さんなど雰囲気のある老舗が並んでいます。運河を見て最後に七尾港の七尾フィッシャーマンズ・ワーフにある能登食祭市場に寄る事にしました。能登ならではの鮮魚、塩干物、ネリモン、工芸品やレストランなどがありました。旅の途中なので食べ物の土産は断念し、ぼちぼち帰ろうかなっと思った僕の目に「遊覧船かしまず」の看板が。これは楽しそうハートたち(複数ハート)っと思って乗船券を買いに行った所「今、乗船客がお兄ちゃん一人やから船、出されへん」とおばちゃんの冷たいお言葉…失恋。諦めて、大通りまで出た所へ先程の窓口のおばちゃんが「五人お客さんが来たから乗り〜揺れるハート」っと駆け寄って来ました。


コピーかしまず1七尾湾の南湾から能登湾最大の島、能登島へ渡る能登島大橋をくぐり西湾にぬけ、和倉温泉(※参照)を海から望み帰港する30分のコースです。船長さんの軽妙な観光アナウンスで行きますが、出港してすぐにイベントが用意されていました。有料なんですが「カモメの餌付け」です。エサはなんとメロンパンどんっ(衝撃)一つ百円、三つ二百円と何とも手を出しづらいお値段。結局他のお客さんの餌付けを見学させて頂きました(お前が一番セコイパンチ)で、この大イベントのBGMが何とカラオケ♪オーマミ〜オーマミマミーブルーの、そうexclamation「マミー・ブルー」ですexclamationな・つ・か・し〜〜〜黒ハートでも七尾湾でカモメとなるとやっぱり…「♪夜明け間近、北の海は波も荒く〜」と阿久悠作詞・三木たかし作曲、石川さゆりさんの「能登半島」やなぁ!ってこれ岸っしゃんの影響やわ〜がく〜(落胆した顔)


コピーかしまず8


コピー遊覧船かしまず35


※開湯1200年とされる歴史の古い温泉で、傷ついた白鷺が癒しているのを漁師が発見したと伝えられる。地名の和倉とは「湧く浦」、つまり湯の湧く浦(入り江)であり、海の中から発見された。そのため、潮が退いている時でないと湯を利用することができなかったが、近世には七尾城主の畠山氏、加賀藩の前田氏によって温泉が整備され、共同浴場が置かれた…らしいですたらーっ(汗)

posted by hellhero at 09:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする